AIイラスト日記

月、水、金曜日に投稿。AIイラスト初心者なので指など違和感があるのですがご了承下さい。

青春の後悔

 

 

壮馬は、あの夏の日を忘れることができなかった。体育館の窓から差し込む夕陽に照らされ、汗を流しながらチアリーディングの練習に励む有紗の姿が、彼の心に深く刻まれていた。彼女の一生懸命な姿は、まるで輝く星のように、彼の心を捉えて離さなかった。

 

 

壮馬は有紗と同じクラスではなかったが、彼の放課後、教室の窓から、グラウンドで練習する彼女を見守ること。それは彼にとって、何よりも心安らぐ時間だった。

 

 

しかし、壮馬は臆病だった。有紗に声をかける勇気が持てず、彼女との距離はいつも遠かった。それでも、彼はその距離から彼女を見つめ続けることで満足していた。彼女の笑顔、汗を拭う仕草、仲間と励まし合う姿、すべてが壮馬にとって宝物だった。

 

 

そんなある日、壮馬はクラスメイトから衝撃的なニュースを聞いた。有紗が引っ越すというのだ。彼は信じられなかった。心のどこかで、これは嘘だと思いたかった。しかし、事実は変わらなかった。

 

 

引っ越しの日が近づくにつれ、壮馬の胸は締め付けられるように痛んだ。思いを伝えるべきか、それともこのまま静かに見送るべきか。彼は迷い続けた。しかし、結局何も言えないまま、有紗の引っ越しの日が訪れた。

 

 

その日、壮馬は授業中、窓からぼんやりと外を見つめていた。校門前にいる有紗の姿が見えた。彼女は小さなトランクを引きずりながら、ゆっくりと歩いていた。その姿を見て、壮馬は胸の中で何かが崩れ落ちるのを感じた。

 

 

そして後悔が彼を襲った。なぜ、勇気を出して彼女に思いを伝えなかったのか。もし伝えていれば、何かが変わっていたかもしれない。壮馬はその思いに苛まれ続けた。

 

 

それから数年が経った。壮馬は高校を卒業し、新しい環境で新たな生活を始めたが、有紗のことは忘れることができなかった。彼女の姿は、今でも彼の心の中で輝き続けていた。

 

 

ある日、壮馬はふとしたきっかけで古いアルバムを開いた。そこには、有紗と過ごしたあの夏の日々が写っていた。彼はその写真を見つめながら、静かに呟いた。

 

 

「ありがとう、僕の青春。そして、さようなら。」

 

 

壮馬の心の中で、有紗への片思いは終わりを迎えた。しかし、その思い出は彼にとって、大切な宝物としていつまでも輝き続けることだろう。