AIイラスト日記

月、水、金曜日に投稿。AIイラスト初心者なので指など違和感があるのですがご了承下さい。

月曜日のエール

 

月曜日の朝、オフィスにはまだ静けさが漂っていた。時計の針が8時を指す頃、一人の女性が軽快な足取りで出社してきた。茉夏(まなつ)、彼女はこの会社の営業部で主任を務める30歳のキャリアウーマンだ。長い黒髪に紫色の目、そしてきらりと光る笑顔が印象的だった。彼女の周囲にはいつも明るい空気が漂っていた。

 

一方、デスクに座り込んで頭を抱える一人の若い男性がいた。後輩の秋人(あきと)は、まだ入社して半年の新人だ。元気が取り柄の彼も、今日はどうやら調子が出ないようだ。

 

「おはよう、秋人くん。」茉夏がデスクに近づき、優しい声をかける。

 

「あ、茉夏さん、おはようございます…。」秋人は無理に笑顔を作りながら挨拶を返すが、その顔には疲れが滲んでいた。

 

「どうしたの?今日は元気がないみたいね。」茉夏は心配そうに彼を見つめる。

 

「実は、週末に提出した企画書がボツになってしまって…。自信があったのに、上司からは全然ダメ出しばかりで。」秋人はため息をつきながら話す。

 

「そうだったのね。でも、失敗は成功のもとって言うじゃない。大切なのは次にどう活かすかよ。」茉夏は励ましの言葉を続ける。

 

「分かってはいるんですけど、やっぱり落ち込んじゃって…。何をどう改善すればいいのかも分からなくて。」秋人はうなだれる。

 

茉夏は少し考えた後、にっこりと微笑んだ。「じゃあ、一緒にランチでも行かない?気分転換も大事だし、そこで話しながらアイデアを練り直してみようよ。」

 

その言葉に、秋人の顔に少しだけ光が差した。「え、本当ですか?でも、お忙しいんじゃ…。」

 

「大丈夫。今日はスケジュールに余裕があるから。さ、行こう!」茉夏は手を差し伸べた。

 

ランチタイム、近くのカフェで茉夏と秋人は向かい合って座っていた。茉夏は、秋人の企画書を細かく見直し、具体的なアドバイスを一つ一つ伝えていった。彼女の言葉は具体的で、分かりやすく、秋人の中で新たなアイデアがどんどん湧き上がってきた。



「ありがとうございます、茉夏さん。なんだか自分でもまた頑張れそうな気がしてきました!」秋人は目を輝かせて言った。

 

「それは良かった。秋人くんの元気が会社の元気になるんだから、どんどん前向きにやっていこう!」茉夏は明るく答えた。

 

オフィスに戻ると、秋人は再びデスクに向かい、茉夏から受けたアドバイスをもとに企画書を練り直し始めた。その姿を見て、茉夏は満足そうに微笑んだ。月曜日の朝、茉夏のエールが秋人の心にしっかりと届き、彼の元気がオフィス全体に広がっていった。

 

 

そして、秋人の新たな企画書は見事に承認され、彼は自信を取り戻した。月曜日から始まる新しい一週間、秋人はその活力でさらに成長し続けるだろう。

 

 

茉夏もまた、彼の成長を見守りながら、自身もさらに輝きを増していくのだった。